憎たらしいこともある、それが友達。友情の名言

スポンサーリンク

(1)

多数の友を持つ者は、一人の友も持たない

(2)

友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる

(3)

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ

(4)

光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い

(5)

最高の友は、私の中から最高の私を引き出してくれる友である

(6)

友人を得る唯一の方法は、自分がその人の友人になることである

(7)

結局、我々は敵の言葉ではなく友人の沈黙を覚えているものなのだ

(8)

正しい友人というものは、あなたが間違っているときに味方してくれる者のこと。正しいときには誰だって味方をしてくれるのだから

(9)

友情とは成長の遅い植物である。それが友情という名の花を咲かすまでは、幾度かの試練、困難の打撃を受けて堪えねばならない

(10)

戦争やってる遠くの国のことよりも友達の方が大切だと思うけどなぁ

(11)

友人に不信をいだくことは、 友人にあざむかれるよりもっと恥ずべきことだ

(12)

ヤギだの羊だのを各自がどれくらい持っているかは言えても、 友だちをどれくらい持っているかは言えない

(13)

人生から友情を除かば、世界から太陽を除くにひとし

(14)

広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ

(15)

真の友情は、前と後ろ、どちらから見ても同じもの。 前から見ればバラ、後ろから見ればトゲなどというものではない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存