憎たらしいこともある、それが友達。友情の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

時は友情を強めるが、恋愛を弱める

(2)

信頼は、年を重ねた胸の中でゆっくりと育つ植物である

(3)

友情と恋愛は一つの根から生えた二本の植物である。 ただ後者は花をすこしばかり多くもっているにすぎない

(4)

友人の果たすべき役割は、間違っているときにも味方すること。 正しいときにはだれだって味方になってくれる

(5)

自分にとって大切なことは、 他人が自分のことをどう考えているかということではなく、 自分が彼らのことをどう考えているかということだ

(6)

友人の失敗には目をつぶれ、だが悪口には目をつぶるな

(7)

老年は男女間の友情に最も適した時代である。 なぜなら彼らはその頃には、 ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである

(8)

恋愛では信じてもらうことが必要であり、 友情では洞察してもらうことが必要である

(9)

ある年齢以後になると友人を選ぶよりは、 友人に選ばれる場合の方が多い

(10)

往く者は追わず、来る者は拒まず

(11)

しばらく二人で黙っているといい。 その沈黙に耐えられる関係かどうか

(12)

一方からあまりに大きな重みをかけると、友情は破壊される

(13)

真の友は共に孤独である

(14)

真の友愛においては、 私は友を自分のほうにひきつけるよりもむしろ自分を友に与える

(15)

恋人のいる人間に友情を注ごうとすることは、 喉の乾いている人間にパンを与えようとするようなものだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存