友達とは血の繋がってない家族。友情の名言

スポンサーリンク

(1)

ひとりの人と友人になるときは、 その人といつか必ず絶交する事あるを忘るるな

(2)

恋の火は、ときとして友情の灰を残す

(3)

友人が成功するたびに、私は少しずつ死んでゆく

(4)

とことんまで恋したものは友情に手をつける

(5)

もっとも親しき友人というのは、つねに兄弟のように退屈である

(6)

友情とは、誰かに小さな親切をしてやり、 お返しに大きな親切を期待する契約である

(7)

友人が片目なら、私は友人を横顔から眺める

(8)

ケンカのいいところは、仲直りができることね

(9)

習慣は偽りの友を作る。あたかも機会が偽りの恋人を作るように

(10)

友人の女房と寝てはいけないという。 しかし、それではいったい誰と寝ればいいのか

(11)

友人同士は完全な平等のうちに生きる。 この平等は、まず第一に、 彼らが会ったときに社会上のあらゆる相違を忘れるという事実から生まれる

(12)

恋愛は恋愛によって始まる。 従っていかに強い友情からも弱い恋にしか移行できない

(13)

数多い恋人の情を集めても、我が胸に燃える友情の火には及ばぬ

(14)

友人は服のようなものだ。 すり切れないうちに捨てねばならぬ。 さもないと、向こうがこちらを捨てる

(15)

多くの愚者を友とするより、 一人の知者を友とするべきである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存