ケンカのいい所は仲直りができること。友情の名言 part2

スポンサーリンク

(1)

友情と恋愛は一つの根から生えた二本の植物である。ただ、恋愛に花が少しばかり多く咲いているにすぎない

(2)

節操なくしては、世界には恋も友情も美徳もない

(3)

君、人は自分の友情を絶えず補修せねば駄目だ

(4)

とことんまで恋した者は友情に手をつける

(5)

友情は神の楽園の中でも実を結ぶのが一番遅く、長い年月を経てようやく熟する果実である

(6)

友情とはいつも心地良いものだが、責任が伴う。友情を機会として利用してはならない

(7)

友情というものがある。一応常識では、人間相互の深い尊敬によってのみ成立し、永続するもののように説かれているが、年来ぼくは深い疑いをもっている

(8)

全てを知ることは、愛や友情ではない。全てを知ったからといって、何になるのだろうか?それを見極める瞳を、あなたに持って欲しいと私は願う

(9)

世界は巨大な鏡だ。それはあなたのすべてを映し出してくれる。もしあなたが愛情と友情に溢れ、有能であるならば、世界はあなたの(望みの)すべてをかなえてくれる

(10)

恋は肉体を欲し、友情は心を欲する

(11)

友情という神聖な情熱は、実に美しく、揺るぎ無く、気高く、永続的な性質を持っている。だから、それは全生涯を通して存続するものだ。ただ、金を貸してくれとさえいわれぬ限り

(12)

結び直された友情は、破れたことのない友情よりも心遣いが要る

(13)

友情は天国であり、友情の欠如は地獄である。友情は生であり、友情の欠如は死である

(14)

正直とか親切とか友情とか、そんな普通の道徳を堅固に守る人こそ、真の偉大な人間というべきである

(15)

人生で最も良いものというのは、決して配給されることはない。友情、忠誠心、愛は、配給券を必要としないものである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存