友情は喜びを倍加し、悲哀を分かち合う。友情の名言

スポンサーリンク

(1)

我々は一人で世の中を歩いている。我々が望むような友情は夢であり、寓話である

(2)

愛が主人であり、友情が訪問客であるあらゆる家庭は、まさに「楽しき我が家」と呼ぶにふさわしい。なぜなら、そういう家庭でこそ心の疲れが休まるからだ

(3)

いいか、“いい人”や“友情”だけで音楽をつくることはできないんだ

(4)

恋愛では信じてもらうことが必要であり、友情では洞察してもらうことが必要である

(5)

友情は、人間感情の中で最も洗練された、そして純粋な美しいものの一つだと思う。友情を交わす友人のいることは、その人の人生にとって非常に大きなプラスである

(6)

友情は、喜びを二倍にし、悲しみを半分にする

(7)

老夫妻の間の友情のようなものは、友情のもっとも美しい芸術品である

(8)

恋はその作用の大部分から判断すると、友情よりも憎悪に似ている

(9)

友情は静かな月のように、太陽の現れる前の大空に輝く。だが、恋の光を受けるとすぐに色褪せてしまう

(10)

友情とは二つの肉体に宿れる一つの魂である

(11)

友情というものは、お互いに相手に対する尊敬と親愛の念の絶えざる持続がなければならぬものである

(12)

普段は親孝行と友情に生きよ。しかし、いざ戦いとなれば、たとえ親でも全力で倒せ

(13)

日本人の中には、意見に食い違いが生じると、友情もそこまでと考える人が多い。しかし、欧米人は、相手を友達と思えばこそ、とことん議論し、徹底的に思うところを説明しようとする

(14)

憎悪から友情までの距離は、反感から友情までの距離ほど遠くはない

(15)

人生には、友情より気高い快楽はない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存