障害は環境か己か…。自分を超える言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

己自身と闘うことこそ最も困難な闘いであり、己自身に打ち勝つことこそ最も素晴らしい勝利

(2)

妥協、限定、満足は禁句

(3)

“できなくてもしょうがない”は、終わってから思うこと

(4)

誰もあなたのことを信じていない時に自分を信じることだ

(5)

自分の限界がどこにあるか発見するためには、自分の限界を超えて、不可能だと思われるところまで行ってみる他はない

(6)

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない

(7)

真似しようと思われないレベルのイノベーションを続けろ

(8)

安全にやろうと思うのは、1番危険な落とし穴なんだ

(9)

上手くなりたいという気持ちで燃えています

(10)

今僕が追いかけているのは、選手でもなく、人でもなくモノでもない。僕が目指すのは自分

(11)

真剣勝負は真剣な稽古からしか生まれない

(12)

昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分と、いつも自分に挑戦して欲しい

(13)

敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける

(14)

よく、これがもう俺の限界だと弱音を吐くやつがいる。限界だ、限界だと口癖ではなかろうかと思うくらい、限界の二文字を口に出す。私に言わせれば限界なんて言葉はこの世の中にはない。限界と言うから、限界ができるのだ

(15)

昨日の自分を超える努力を継続するなら、成功者になるのは時間の問題だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存