自分の弱みは隠すべきではない。コミュニケーションの言葉

スポンサーリンク

(1)

結婚に必要なものはコミュニケーション。そして一人になれる場所があること

(2)

コミュニケーションにはボキャブラリーを増やすことが大切です

(3)

親子が積極的にコミュニケーションしないと、社会的な決まりも知らず、挨拶もできない子供ができあがってしまう

(4)

私が思ったのは「最大のコンテンツはコミュニケーションだ」ということでした

(5)

コミュニケーションを取るフリをしてるだけなら、コミュニケーションなんて必要ない

(6)

一人になりたくがない為にお互いを必要とするのは、とても不自然な関係です。何事も心地よくシェアできない方とのコミュニケーションは、不毛なだけだからです。そのような関係は世の中にあふれていますが、無理をして一緒にすごす人を見つけなくてはと、必死になって自分をないがしろにせず「自分にしてあげれること」を冷静に考えてみましょう

(7)

人の悩みの多くは「他人」。ならばどんな人とも仲良くなれば、多くの悩みはなくなる。コミュニケーション能力が高い事は運がいいことでもあり、それは努力で手に入れられる幸福でもある

(8)

コミュニケーションにおいては、どちらも対等な関係であるべきだ

(9)

自分が言いたいことの気配を伝える、きっとそれがコミュニケーションの最上の部分の一つなのだろう

(10)

コミュニケーションの目的は、お互いの真実を知ることだ

(11)

他者とコミュニケーションを取るときにまず意識しておきたいのは、「人は簡単にはわかり合えない」ということ

(12)

常に一番になろうとしている時は、人の話を聞いていない。これがコミュニケーションを台無しにする

(13)

(我が子を)叱る以前に子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです

(14)

誰もが正直者になったら、必ず誰かを傷つけることになる。心に思ったことを包み隠さず正直に話したら、家庭は崩壊するし、社会は成り立たなくなる。それほどまでにウソは必要なものだ

(15)

会話って、そのときその瞬間の相手をちゃんと感じ取ることが必要だよね。それではなくては成り立たない。まず相手がどういう距離感で自分に近づいてきてくれるのかを知ることから始まる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存