女優、宮沢りえの言葉

スポンサーリンク

(1)

自分が好きになった脚本に対して、誠実に向き合う

(2)

(セリフの)行間で自分が何を感じるか

(3)

(母親について)「表現者・宮沢りえ」には未来を見据えた課題を与えてくれたし、「娘・宮沢りえ」には、ごく一般的な常識に基づいてアドバイスをくれました

(4)

演じた役は自分の人生の一つなんだって思うようになりました

(5)

私たちが過ごしている日常は、当たり前のものじゃなくて、奇跡の瞬間の重なりなんだろうなって感じるんです

(6)

なんだか、常に劣等感があるんですよ

(7)

撮りたいものがはっきりしていることが、演じる上で何よりの原動力になります

(8)

太陽と月のモチーフは好きですね。よく自分でも買います

(9)

役作りをどうしてるんですか?って言われるのが一番困るんで…

(10)

(生活感が見えないことについて)特別なことなんて何にもないですよ

(11)

わたしは、まだまだ、新しい引き出しを探すために苦悩する時間に

(12)

持っている言葉の中で、どれだけ自分が思っていることに近づける言葉を見つけられるかというのは、けっこう考えています

(13)

優しいお母さんでいることは大切だけど、お母さんが頑張っている姿を見せるってことも、すごく大切だと思う

(14)

演じているときは、現実の世界に生きている時よりも深く呼吸ができる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存