人生の生き方が上手になる方法

スポンサーリンク

(1)

目先の快楽を求める人は、幸せになれない。
幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。

(2)

相手に好意を与える方法は簡単。
笑顔で挨拶をするだけでいい。

(3)

「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。
「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。

(4)

無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。

(5)

新しいことを習慣化させるには、最低でも3週間は必要。

(6)

自分の才能を開花させるには「捨てる覚悟」が必要。

(7)

握手をするときは、手より目を見よう。

(8)

本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。

(9)

必要ないチャンスを得たとき、どうするか。

(10)

嫌いな人を減らす生き方をしよう。
好きな人を増やす生き方をしよう。

(11)

お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。

(12)

1点を笑う人は、1点に泣く。
1円をばかにする人は、1円に落ち込む。

(13)

ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。

(14)

大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。

(15)

上手におごられるのも、社交術の1つ。
ただし、3回はお礼を言うこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存