悩む時間はなるべくコンパクトに。指原莉乃の言葉

スポンサーリンク

(1)

「気にしすぎるな。そこじゃない」 「そこ」にいたら負けちゃうんだから、他の道を探すしかない。 自分なりの武器をひとつ見つけて、鍛え上げて、その武器で戦う。それしかないんです

(2)

プライドなんて捨てたほうが、いろいろ得だと思います。「なんで私がこんなこと。やりたくないよ」と思う仕事はいっぱいあるけど、やるかやらないかなら、やったほうが得です

(3)

そもそも「どうしよう」と言っている時間がもったいない。悩む時間はなるべくコンパクトにする

(4)

自分のコンプレックスなところを「恥ずかしい」と思っているから、グサッときて傷ついちゃうんだと思うんです。だったら、「恥ずかしい」という気持ちを捨てる

(5)

ネガティブなことを、人前で口にするのはよくないと思います。周りをネガティブな雰囲気にしてしまうし、その雰囲気が、自分に返って来ちゃうから

(6)

人がグチってる時は、好感度を上げるチャンスだったりします

(7)

話題がないことが一番怖いんです。燃料をどんどん足していかないと鎮火しちゃうから、鎮火する前に「好き」でも「嫌い」でもいいから、話題になるような燃料を見つけて自ら投下する

(8)

たとえ炎上したとしても、コントロールできる自信はあります。なぜかというと子供の時から、2ちゃんねるばっかり見てたから。火加減がうまいんです

(9)

つらいことがあっても、ひと晩眠れば忘れます

(10)

大丈夫と思えば、大丈夫なんです。切り替えって大事です。思い込みって大事

(11)

ピンチはピンチだと思うんです。でも、これはチャンスなんだと信じて思い込む。その思いが強ければ、思った通りになるんです

(12)

私、自分の人生が超好きなんです。外見とか人間性には自信がないけど、自分の人生には超自信があります。自分の人生は一番いいし、一番幸せだと思ってる。そのことに関しては、誰にも負けない自信がある

(13)

私はとにかく、戦いたくないんです。人とも戦いたくないし、自分とも戦いたくない。だから私は、目標を決めないんです。目標を決めると、それと闘っちゃうからです

(14)

目標がなければ、「ラッキー、ここまでこれた」と思えるんです。上を見るより、積み上げてきたものを見るほうが絶対、楽しく生きられるじゃないですか

(15)

ピンチの時に前向きに頑張っていると、周りの人が評価してくれるんです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存