人生に疲れたときの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

太陽も月も、あなたを照らすステージライト。

(2)

人生では、嫌われる覚悟が必要。

(3)

雨の日は、世界最高の癒しの音楽を、無料で楽しめる日。

(4)

どんな完全犯罪でも、罰から逃れる方法はない。

(5)

奇跡を願うなら胸を張って、「神様はいる」と言えることが大切。

(6)

人生は壮大な映画撮影。
「素晴らしき人生」という映画を、ただ今撮影中。

(7)

寂しさや切なさは、我慢して乗り越えるものではない。
明るいことで吹き飛ばすものだ。

(8)

だめな自分を、愛してしまおう。
それが優しさだ。

(9)

違和感は道路標識と同じ。
「注意が必要」というサイン。

(10)

遠回りが、実は一番の近道になることもある。

(11)

緊張は、否定するのではなく、肯定するもの。

(12)

嫌いなことばかりしていると、罪を犯しやすくなる。

(13)

後悔する癖がついていると、何をやっても後悔する。

(14)

勝てるかどうかではなく、輝けるかどうか。

(15)

人生の分かれ道は、特定の瞬間だけではない。
人生は、常に分かれ道の連続だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存