綺麗好きでなにが悪い!坂上忍の言葉

スポンサーリンク

(1)

すべてが理想どおりにいくわけはないです。アクシデントや阻害する要素が出てくる。それらすべてにイライラするわけにはいかないんですけど、我慢にも限界はあります。僕はその限界の加減が普通の人よりも低いところにあるんだと思います

(2)

僕らの仕事はひとりでできるものではないので、みんなが自分勝手に動くと回るものも回らなくなる。みんながやるべきことをやるとクオリティを上げられる可能性も出てくる

(3)

遅刻というミスを犯したその日は、もはや奴隷ですよ。僕はそういうルールなんで

(4)

いい大人になると仕事について自分の意見もある。それを言いたいなら最低限の礼儀はきちんと守る

(5)

「遅刻をしない」というのは当然の礼儀ですよ

(6)

礼儀恐怖症というのあります。昔の現場は非常に厳しかったですからね。この年齢になると、下の子たちのちょっとラフな礼儀にいちいちイライラ来るというのは普通にあります

(7)

遅刻はほぼしなかったんですが、連絡の行き違いや勘違いでやってしまって何十人という人たちに迷惑をかけたこともあります。そういうのがトラウマになっていて

(8)

もっとルーズになりたい。なぜかくも「きっちり」か

(9)

もうちょっとルーズになってくれたらもっと楽に生きられるのに

(10)

よく潔癖症っていわれますけど、僕のなかで一番は「きっちり病」だと思ってるんです。全部のことをちゃんとやりたがる癖がある

(11)

気が長くなりたいですね

(12)

サーフィンは楽しかった(笑)。とはいえ、自発的にはやんないですよ

(13)

実際に会って自分の目で見て良かったら、「いい人じゃん!」って思える。先入観は持ちたくないです

(14)

あのー…たとえば新しいドラマに入るとき、キャストに評判のよくない役者さんがいるとして。でも僕はあんまりそういうのを信じないんです

(15)

保守的というか。ピンとこない。僕は古いんだと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存