将棋は芸術。加藤一二三の言葉

スポンサーリンク

(1)

思うようにならないからこそ、人間は成熟し、深みは増す

(2)

直感は、100閃いたうち95くらいは正しい

(3)

将棋は芸術。モーツァルトの曲のように、将棋もしっかりした解説があれば感動を与えられる

(4)

現役から退くことは決して終焉なのではなく、新たなる人生の旅路の始まりなんだという前向きな思考が当たり前の社会になってほしいと控えめながら常に願っているひふみんです

(5)

将棋は序盤がすべてで序盤で優位に立てれば勝てるんです

(6)

勝負師である限り、命が尽きるまで勝負に明け暮れるのが、棋士としての私の定め

(7)

確かなものを追求し、美しい将棋を指すように努めてゆく過程で、将棋が芸術にまで昇華できることを経験した

(8)

(対局中)好きなものを数多く食べるのが大体私のやり方で、例えばトマトジュースをいっぺんに5杯飲みました

(9)

勝負と信仰は表裏一体

(10)

その人に対して愛情がないと、正しく評価することはできない

(11)

一瞬のどうしようかな?がまずいんですよね

(12)

秒読み将棋の必勝法というものがもしあるとすれば、私は正直に申し上げたい。それは秒読みに追い込まれないように指すと言う事です

(13)

将棋を覚えたのは、多分小学校に入るちょっと前ですね

(14)

(小学生時代)将来の才能はかなりあったと思います

(15)

定跡を知っていると中盤まで自分の力以上で戦えます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存