前向きな気持ちになる言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

仕事の出来栄えが悪くても、最善と全力を尽くした結果なら、堂々としていい。

(2)

クリーニングに出そうか迷ったら、出したほうがいい。

(3)

お見舞いに行くときは、暗い雰囲気を出さない。
明るく元気に振る舞うのがマナー。

(4)

瞑想は、心の掃除。

(5)

中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。

(6)

感動させる作品を作りたければ、感動体験が必要。

(7)

つまらない話に笑ってあげるのが優しさ。
くだらない話に突っ込んであげるのも優しさ。

(8)

わけの分からない人がいても、根拠のないことは言わない。

(9)

何もかもうまくいかないのは、もうすぐ素晴らしいことが起こる前触れ。

(10)

「一応」という言葉は使わないほうがいい。
不安や違和感を与える原因になる。

(11)

悩むことは進化の前触れ。

(12)

着替えとは、儀式の一種。
気持ちと生活モードを切り替える効果がある。

(13)

「話せば分かる」と思いつつ、コミュニケーションから逃げていないか。

(14)

孤独を感じたら、今まで出会った人の顔を思い浮かべよう。

(15)

本当に変更できない選択をする必要があるのか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存