何もかも嫌になったときの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

精いっぱい頑張っている人に「頑張れ」という応援は、必要ない。

(2)

大切な助走も、やりすぎると、疲れて飛べなくなる。

(3)

うまくいったときは、他人のおかげ。
うまくいかなかったときは、自分のせい。

(4)

変わった性格も、あなたの才能の1つ。

(5)

落ち込んでいても、返事だけは元気よくする。

(6)

乱れた字であっても、しっかり気持ちが込められているなら、素晴らしい字。

(7)

いばっている人より、いばらせてあげる人のほうが、心が大きい。

(8)

嫌な出来事は、すぐ忘れるのが一番。

(9)

友達は、増やすだけでなく、減らすことも大切。

(10)

楽しい人生にするのも、つまらない人生にするのも、これからのあなたしだい。

(11)

かっこつけていると、疲れやすくなる。

(12)

相手の気持ちを完全に理解することはできない。
しかし、完全に理解したい気持ちは必要。

(13)

心が疲れたときの魔法の言葉。
「なるようになるさ」。

(14)

今日が人生最後の日かもしれない。

(15)

私たちはいつでも、出発点に立っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存