元フジテレビアナウンサー、高島 彩の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

何でもゲーム感覚で楽しむようにはしています

(2)

負けず嫌いな性格の私は、育児に関して私にもできないことがあるということが嫌でした

(3)

(アナウンサー試験を受けようと思ったきっかけは?)兄の友人だった深澤里奈さんが、当時フジテレビのアナウンサーをされており、フジテレビ主催のお台場アナウンススクールの案内を持ってきて、面白いから受けてみないと勧誘されたことです

(4)

ヒールを履くと仕事モードのスイッチが入る気がします

(5)

(第一子が乳児の時)あの時の精神状態は「ひとりぼっち」という感じ

(6)

(アナウンサーを目指そうと思ったのはいつ?)就職活動のシーズンを迎える直前まで、全く考えていませんでした

(7)

子どもなんだもの、思う通りにいかなくて当然

(8)

何でも自分1人でやろうとしていた気持ちが、勝手に自分を苦しめていた

(9)

人はなかなか変えられないので、自分が変わっていくしかない

(10)

手を抜いて後悔するのが一番嫌なんです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存