明るい性格になる方法 part2

スポンサーリンク

(1)

失敗は、成功以上に素晴らしいことを教えてくれる先生。

(2)

暗い人は変化を、「恐れ」と感じる。
明るい人は変化を、「新鮮」と感じる。

(3)

明るくなるためには「絶対」という口癖をやめればいい。

(4)

暗い人は「これでいいのか」と悩む。
明るい人は「これでいいのだ」と元気になる。

(5)

弱気になりそうなときこそ、開き直って強気になる。

(6)

暗い人は「だらだら」になっている。
明るい人は「てきぱき」になっている。

(7)

明るい人は、理解のある人。
(8)

感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。

(9)

運がいいと思えば、その人は運がよくなる。
運が悪いと思えば、その人は運が悪くなる。

(10)

いつもご機嫌でいたければ「比べること」はやめること。

(11)

あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。

(12)

暗い人は、弱みを隠そうとする。
明るい人は、弱みをさらけ出そうとする。

(13)

競争は「他人」とするのではなく「過去の自分」とする。

(14)

人の心は、読むものではなく、感じるもの。

(15)

「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存