元フジテレビアナウンサー、加藤 綾子の言葉

スポンサーリンク

(1)

(フジテレビを辞める際)自分の中ではすごくやりきったという気持ちが強かったです

(2)

(フリーになったきっかけは?)体力的な部分が一番自分の決断をさせた理由かな

(3)

(努力をして)ダメだったとしても、全力で一回くらいホントに私は一生懸命やりましたっていうものが欲しくて。(だからバッシングの受けてもアナウンサーを辞めなかった)

(4)

(週刊誌で過去の事が記事となり、世間から色々な事を言われた際)一番(アナウンサーを)辞めたいと思った

(5)
(母は)すごく厳しかったですね。字とかもそうですし

(6)

(ご自身の)母って倹約家

(7)

(自宅で気分転換の時にピアノを弾く際)弾ける曲を弾かないとストレスが溜まる
(8)

(ピアノを弾くと)無心になれる

(9)

私、幸せのハードルがとっても低いんです

(10)

(テレビ番組でホテルで一人で寝れないというエピソードの際)あんまり知らないところとかで、ホテルとか怖くて…

(11)

キャリアをメインに生きていく人生も素敵ですが、自分の中では生活の土台に家族がいることが、一番幸せを感じられる形なんです

(12)

最大限に努力したい、頑張りたい

(13)

ちゃんと自分の意思は持ちたい

(14)

(子供の頃の夢は?)ピアノの先生

(15)

自然体を意識し過ぎると自然体でなくなる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存