テンションの高い人と低い人の違い

スポンサーリンク

(1)

テンションが低い人は、テンションの状態を流れに任せる。
テンションが高い人は、テンションを意識して上げようとする。

(2)

テンションの低い人は、お気に入りがない。
テンションの高い人は、お気に入りがある。

(3)

テンションが低い人は、元気がないとき、下を向いてため息をつく。
テンションが高い人は、元気がないときでも、上を向いて空元気を心がける。

(4)

テンションが低い人は、いつも課題から逃げている。
テンションが高い人は、あえて自分に課題を与える。

(5)
テンションが低い人は、毎日同じ生活を繰り返す。
テンションが高い人は、定期的に冒険を求める。

(6)

テンションの低い人は、消極的。
テンションの高い人は、積極的。

(7)

テンションが低い人は「すでに人生は決まっている」と思っている。
テンションが高い人は「人生を自分が作るもの」と思っている。
(8)

テンションが低い人は、いつものろのろしている。
テンションが高い人は、いつもきびきびしている。

(9)

テンションの低い人は、悪態をつき、さらにテンションを下げる。
テンションの高い人は、褒め言葉を言って、さらにテンションを上げる。

(10)

テンションが低い人は、陰気で暗い友達が多い。
テンションが高い人は、陽気で明るい友達が多い。

(11)

テンションの低い人は、オンラインの人間関係ばかり。
テンションの高い人は、オフラインの人間関係も多い。

(12)

テンションが低い人は「睡眠不足はよいこと」と思っている。
テンションが高い人は「睡眠不足は悪いこと」と思っている。

(13)

テンションが低い人は、比較的、暗い色の衣類を好む。
テンションが高い人は、比較的、明るい色の衣類を好む。

(14)

テンションが低い人は、不安や緊張を怖がる。
テンションが高い人は、不安も緊張も楽しむ。

(15)

テンションが低い人は、生活リズムが不規則。
テンションが高い人は、生活リズムが規則的。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存