テンションの高い人と低い人の違い part2

スポンサーリンク

(1)

テンションの低い人は、大きな達成しか喜ばない。
テンションの高い人は、小さな達成にも喜ぶ。

(2)

テンションの低い人は、挨拶が消極的で声も暗い。
テンションの高い人は、挨拶が積極的で声も明るい。

(3)

テンションが低い人は「人生はとにかく大変なことばかり」と思っている。
テンションが高い人は、「人生は、大変なこともあるから楽しい」と思っている。

(4)

テンションが低い人は、インプットの習慣ばかり。
テンションが高い人は、アウトプットの習慣もある。

(5)
テンションが低い人は、だらだらするのが好き。
テンションが高い人は、熱中するのが好き。

(6)

テンションが低い人は、小さな幸運くらいでは喜ばない。
テンションが高い人は、小さな幸運でも素直に喜ぶ。

(7)

テンションが低い人は、まず否定から入る。
テンションが高い人は、まず肯定から入る。
(8)

テンションが低い人は、何も夢がない。
テンションが高い人は、具体的な夢がある。

(9)

テンションが低い人は、初めての経験におびえる。
テンションが高い人は、初めての経験にわくわくする。

(10)

テンションの低い人は、人の幸せを憎む。
テンションの高い人は、人の幸せを一緒に喜ぶ。

(11)

テンションが低い人は、日頃から過去の恨みと不幸を思い出している。
テンションが高い人は、日頃から過去の感謝と幸運を思い出している。

(12)

テンションが低い人は、昼から集中しようとして、午後には眠くなる。
テンションが高い人は、朝から集中しようとして、午後には絶好調になる。

(13)

テンションが低い人は、自分が理解されないことに不満を持つ。
テンションが高い人は、自分が理解されなくても気にしない。

(14)

テンションの低い人は、恥をかくことが失敗だと思っている。
テンションの高い人は、恥をかくことが成長だと思っている。

(15)

テンションが低い人は、悪い話を信じて、いい話を信じない。
テンションが高い人は、悪い話もいい話も、確かめてから信じる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存