勝負で結果を出す方法

スポンサーリンク

(1)

勝とうと思うのではない。
全力を出し切ろうと思うのだ。

(2)

試合前日、早めに寝ると、かえって体調を崩しやすくなる。

(3)

スポーツのいいところは、睡眠不足の影響が小さいこと。

(4)

試合当日は、食べすぎない。

(5)
曇りの日も雨の日も、テンションを上げるきっかけにできる。

(6)

なぜプロ選手は「作戦を考えていない」と答えるのか。

(7)

人が求める理想は追わない。
自分が求める理想を追う。
(8)

試合前に「頑張るから見ていてね」と言えば、潜在的な力が発揮できる。

(9)

胸を張りながら両手を腰に当てるだけで、闘争心が高まってくる。

(10)

負けるところを想像しないのも自己管理。
勝つところを想像するのも自己管理。

(11)

本番をゴールだと考えない。
夢に向かう目標の1つだと考える。

(12)

今まで積み重ねてきた練習を思い浮かべると、底力が湧き出てくる。

(13)

初心に返ると、好きな気持ちがよみがえる。

(14)

試合前に言い訳をすると、実力の発揮を妨げる。

(15)

試合が始まってから気合を入れるのでは、遅すぎる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存