勝負で結果を出す方法 part2

スポンサーリンク

(1)

顔を叩くと、気合が入りやすい。

(2)

新しいユニホームを着て、本番でどきっとした経験。

(3)

試合前に不利になりやすい、3パターンの目の合わせ方。

(4)

試合前は、にやりとした笑顔で、相手の目をじっと見つめる。

(5)

本番の試合に限って実力を発揮できない選手に抜けている、大事な練習とは。

(6)

ミスを取り返そうとすると、余計にミスが増える。

(7)

試合中のミスは、ミスをした瞬間に忘れるのが一番。
(8)

相手選手に「ミスをしろ」と念じるほど、自分がミスをしやすくなる。

(9)

一方的に試合が進んだとき、つまらない試合と面白い試合の違いとは。

(10)

どれだけ不利になっても、弱気の表情だけは見せない。

(11)

試合が優勢でも劣勢でも、常に掛け声は出し続ける。

(12)

熱くなりすぎた体は、冷たいもので冷やす。

(13)

負けて道具に八つ当たりする人は、実力が伸びない。

(14)

試合が終わった後、応援してくれた人にきちんとお礼を伝える。

(15)

試合に負けたら、悔しい気持ちがあるうちに練習してから、帰る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存