のんびり気楽に生きる心の習慣

スポンサーリンク

(1)

のんびりしたカメだからこそ、味わえる感動がある。

(2)

世の中で最も美しい風景は、実はあなたの真上にあった。

(3)

人によって価値観が違えば、美しいと感じる基準もまったく異なる。

(4)

おごりにするべきか。
割り勘にするべきか。
それが問題だ。

(5)

ぼうっとしていたからこそ、潜在意識が表面化する。

(6)

「いつでも行ける」と思う近場こそ、絶好の穴場である。

(7)

早起きすると、1日が長く感じられる。

(8)

よく噛んで食べれば、おかずなしでもご飯はおいしい。

(9)

勉強部屋に缶詰にならず、外へ遊びに出かけることが大切。

(10)

私たちは2つの世界に生きている。
「昼の世界」と「夜の世界」。

(11)

昔の遊びには、テレビゲームでは味わえない刺激がある。

(12)

考えても分からないことに悩んでも、仕方ない。

(13)

「緩」も「急」も、どちらも必要不可欠。

(14)

ほのかな朝日で、自然に目覚める。

(15)

ウサギにはウサギのよさがある。
カメにはカメのよさがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存