人格を磨いて心をきれいにする方法 part2

スポンサーリンク

(1)

父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。

(2)

汚いものばかり見ていると心まで汚くなる。
きれいなものを見ていると心もきれいになる。

(3)

相手を傷つけない発言にも、気を使おう。

(4)

「すてきだね」と言うたびに、心がきれいになっていく。

(5)

自分を無理やり変えようとしても、すぐは変えられない。

(6)

当たり前を大切にすればするほど、心がきれいになる。

(7)

きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。

(8)

「独り占め」をすると楽しさが半減する。
「分かち合い」をすると、楽しさが倍増する。

(9)

許すことで軽くなる。
「まあ、いいか」と考えよう。

(10)

「頼り、頼られる」というやりとりから、仲良くなるきっかけが生まれる。

(11)

嘘をつくほど、心が汚くなる。
正直になるほど、心がきれいになる。

(12)

悩みを見つけたら、あなたはラッキー。

(13)

挨拶は、知らない人にも進んですること。

(14)

本当に自己中心的を極めると、周りについても考えるようになる。

(15)

自分の負けを認められる人は、心が柔らかくきれいな人。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存