「生きるとは何か」を考える言葉

スポンサーリンク

(1)

生きるとは、宝を探す冒険である。
危険なところほど、価値ある宝が眠っている。

(2)

生きるとは、筋トレ。
負荷がないと、強くなれない。

(3)

生きるとは、自転車に乗るようなもの。
遅すぎても早すぎても、よくない。

(4)

生きるとは、寄り道をするようなもの。
思わぬ道にこそ、思わぬ発見がある。

(5)

生きるとは、魚を釣るようなもの。
勝負の大半は、準備の時点で、決まっている。

(6)

生きるとは、畑にタネをまくようなもの。
まいたものが、収穫できる。

(7)

生きるとは、森を進むようなもの。
当てもなく、むやみに歩くのは危険。

(8)

生きるとはジョギングをするようなもの。
大切なのは、「気分がいい」と感じるペース。

(9)

生きるとは、人形のようなもの。
抱きしめると、にっこりした笑顔が返ってくる。

(10)

生きるとは、ディズニーランドで遊ぶようなもの。
結局すべて、アトラクションだ。

(11)

生きるとは、リレー競争。
バトンを受け継いで、次に渡していく。

(12)

生きるとは、マラソンと同じ。
疲れたときは、歩いたり立ち止まったりしてもいい。

(13)

生きるとは、練習問題を解くようなもの。
解決法が分からなければ、答えと解説を読めばいい。

(14)

生きるとは、習い事。
こつこつだから続けられ、よく身につく。

(15)

生きるとは、バイキング料理を楽しむようなもの。
好きなものから手をつけるのが一番。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存