「生きるとは何か」を考える言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

生きるとは、紙飛行機を飛ばすようなもの。
少し折れ曲がっていたほうが、遠くまで飛べる。

(2)

生きるとは、天気予報。
予想が外れたときは、気持ちをさっと切り替える。

(3)

生きるとは、ボディーランゲージをするようなもの。
体全身で表現すれば、何とかなるもの。

(4)

生きるとは、即興演奏。
即座に創作しながら進めるから、面白い。

(5)

生きるとは、ピエロになるようなもの。
楽しませることを、生きがいにする。

(6)

生きるとは、川の流れる水である。
自然の流れには逆らわず、身を任せるのが一番。

(7)

生きるとは、注射のようなもの。
痛いのは、最初の一瞬だけ。

(8)

生きるとは、ダンスパーティーのようなもの。
恥ずかしがらず、楽しく踊る人の勝ち。

(9)

生きるとは、綱渡りをするようなもの。
一番大切なのは、バランスだ。

(10)

生きるとは、草いっぱいの草原を歩くようなもの。
道は、自分で作るもの。

(11)

生きるとは、ブラックコーヒーを飲むようなもの。
味が分かると、甘みはいらなくなる。

(12)

生きるとは、ミックスジュースを作るのと同じ。
いろいろ混ぜたほうが、おいしくて健康にもいい。

(13)

生きるとは、ボウリングの球を投げるようなもの。
直線より曲線を描くほうが、ピンはよく倒れる。

(14)

生きるとは、迷路を楽しむようなもの。
迷いながら、少しずつ前進する。

(15)

生きるとは、山を登るようなもの。
上り坂の後には、下り坂がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存