物を持たないシンプル生活

スポンサーリンク

(1)

ごみを捨てると、生活が向上する。

(2)

本人がごみだと気づいていないごみがある。

(3)

「誰かにあげることができないか」と、考えてみる。

(4)

「いつか使うかもしれない物」に限って、一生使うことはない。

(5)

ほとんどの物はレンタルできる。
個人があえて持つ必要はない。

(6)

ブランドばかりをたくさん持とうとするのは、自信のなさの表れ。

(7)

物に囲まれすぎてしまうと、人間ではなくなってしまう。

(8)

一番の物だけを持てばいい。

(9)

一番の物だけは、複数持つことが許される。

(10)

整理整頓の基本は、机の上から。

(11)

「使うか使わないか」を基準に考えよう。

(12)

友達が持っている物を、わざわざ持つ必要はない。

(13)

100パーセントの収納が、100点の収納ではない。

(14)

手紙や年賀状は、捨ててもいい。

(15)

捨てるときの心の痛みは、勉強代だと考えよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存