部屋をきれいに整える方法

スポンサーリンク

(1)

部屋の整理整頓は、定期的にする。

(2)

整理整頓は、縦より横のほうがうまくいく。

(3)

人形を置かないようにする。

(4)

本当にきれいな部屋には、においがない。

(5)

部屋の色を「白」で決める。

(6)

きれいさを演出する人は、ごみ箱の色にこだわる。

(7)

ごみ捨てのときのことも考え、ごみ袋は透明色にすることが大切。

(8)

きれいにするためのキーワードは「統一感」。

(9)

椅子に座る部屋なのか、床に座る部屋なのかを、はっきりさせる。

(10)

何気ないごみ捨ての習慣は、その人の考え方が反映されやすい部分。

(11)

朝日が、部屋のきれいさの鍵を握る。

(12)

「念のため」を捨てるだけで、部屋がきれいになる。

(13)

一人暮らしが、1つのテーマを作り上げる。

(14)

1年間着なかった服は、必要のない服。

(15)

空気は、雰囲気。
空気を入れ替えると、雰囲気が入れ替わる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存