部屋をきれいに整える方法 part2

スポンサーリンク

(1)

必要な分だけ買うことで、整える手間を最小限に抑える。

(2)

見た目だけのきれいさにこだわりすぎない。
目に見えないあの存在を忘れていませんか。

(3)

複数の人と住むときは、部分ごとではなく、部屋ごとに担当を決める。

(4)

お客さんの訪問が、掃除のやる気を駆り立てる。

(5)

疲れる部屋は、色の濃い部屋だ。
原色が目に負担をかける。

(6)

部屋の色が、住む人の心に影響を与える。

(7)

掃除は、一気に進めるほうが、うまくいく。

(8)

褒められる快感が、掃除を習慣にさせてくれる。

(9)

直接光は、かっこいい光。
間接光は、優しい光。

(10)

寝心地をよくしたければベッド。
部屋を広く使いたければ布団。

(11)

部屋のマナーのしっかりした人は、帰り際に後片付けができる。

(12)

部屋がきれいな人は、心もきれい。

(13)

シンプルこそ、きれいさの基本。

(14)

布が部屋の柔らかさを作り上げる。

(15)

部屋の状態は、住んでいる人の心の状態。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存