生活の質を向上させるマナー part2

スポンサーリンク

(1)

自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。

(2)

お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。

(3)

使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。

(4)

痴漢に遭えば、我慢せず、きちんと訴える。

(5)

使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。

(6)

自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。

(7)

タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。

(8)

レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。

(9)

宅配の人に、どんな対応をしていますか。

(10)

探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。

(11)

急に大きな音が聞こえたときこそ、平常心。

(12)

バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。

(13)

アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。

(14)

「寝具で寝る」と考えるのではない。
「偉大な存在に癒されている」と考える。

(15)

親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存