ワンピース作者、尾田 栄一郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

忙しいとか、もう描きたくないっていう理由で読者を裏切るのは、マンガ家のエゴ

(2)

僕は皆に喜んで貰えること自体が好きですから

(3)

普通のマンガの3倍のエピソードを盛り込むのが自分のテーマ

(4)

漫画の基本は、それぞれの読者を楽しませているかということ

(5)

「ONE PIECE」は最後がいちばん盛り上がるマンガにします

(6)

僕が「ONE PIECE」を描き続けられるモチベーションの一つに最終章を描きたいというのがあるんです

(7)

(自身の出身地である熊本で震災があった際)人間が気を張れる時間って限界があります。その糸が切れる前に何とか心が落ちつける状態になってほしいです

(8)

すっごい小さい頃から漫画家になると決めていたから、読者時代から「漫画家になったらこういうのを描こう」って思ってたんですよ

(9)

(キャラをつくるとき、設定を重視する?)いゃ、ノリですね。ノリは大切にします

(10)

今でも体力的にはキツイですよ(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存