力をつけて男らしくなる方法 part2

スポンサーリンク

(1)

服のしわは、心のしわ。

(2)

発言に責任を持つと、おのずから口数も減っていく。

(3)

「忙しい」という言葉を使わない。
「充実している」という言葉を使おう。

(4)

悪口を陰で言えば、いじめになる。
本人の前で言えば、指摘と改善になる。

(5)

孤独は、寂しがる時間ではない。
自分を見つめる時間である。

(6)

面倒だと気を抜いたときが要注意。

(7)

「その道一筋」には、輝きがある。

(8)

真面目な表情に、ときおり見せる無邪気な笑顔がたまらない。

(9)

暴力や暴言で、人を動かそうとしない。

(10)

「おごり」は、男性の力のシンボル。

(11)

尊敬する人が、尊敬される。

(12)

かっこいい男性は、レディーファーストが当たり前。

(13)

かっこいい男性は、ネクタイに力を入れる。

(14)

飲めなくても飲むふりができるのは、協調性を大切にする習慣。

(15)

希望の光があるかぎり、ファイティングポーズはとり続ける。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存