仕事に疲れたときの言葉

スポンサーリンク

(1)

仕事とは、するものではなく、極めるもの。

(2)

困難をチャンスと言い換えるだけで、現実の受け止め方が好転する。

(3)

脇役でも、極めると、主役になる。

(4)

「もう無理」を「まだできる」に言い換えると、眠っている底力が目を覚ます。

(5)

すごいという言葉を求めているうちは、まだすごくない。
すごいという言葉を求めなくなったときが、本当にすごい。

(6)

小さな仕事を大切にしない人は、大きな仕事もできない。

(7)

試練が与えられたときこそ、自分を認めてもらうチャンス。

(8)

上司や顧客を「コンサルタント」と言い換えれば、厳しい言葉もありがたく感じる。

(9)

気持ちのよい夜を迎えるには、日中に全力を尽くすだけでいい。

(10)

みんなに好かれようと思うと、いい仕事はできない。
嫌われてもいいと思うと、いい仕事ができる。

(11)

「わがままなお客様」は「レベルの高いお客様」と呼べばいい。

(12)

「ミスをして悔しい」と思うのではない。
「小さなミスでよかった」と考えよう。

(13)

会社や上司のために仕事をするのではない。
自分と社会のために仕事をする。

(14)

目線を下げない。

(15)

目線を上げても、上げすぎない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存