ストレスをためる人とためない人の違い

スポンサーリンク

(1)

ストレスの本当の解決は、短期ではなく、長期で考えること!

(2)

ストレスのほとんどは「肉体的」より「精神的」である。

(3)

心の運転は、車の運転と同じ。
事故を起こす原因は、運転にある。

(4)

ストレスをためている人は、弱いものをいじめようとする。
ストレスをためない人は、弱いものを助けようとする。

(5)

短期的に考えていると、短気になる。

(6)

今日を懸命に生きる人は、賢く生きることができる。

(7)

お金で動くと、ストレスが増える。
喜びで動くと、ストレスがなくなる。

(8)

素直、正直が一番疲れない。

(9)

相手と話す前に、まず自分と話をしよう。

(10)

ストレスをためる人は、受け止める。
ストレスをためない人は、バネにする。

(11)

ストレスをためる人は「後回し」にする。
ストレスをためない人は「今すぐ」に行う。

(12)

考えても分からないことは、すぐ答えを聞いてもいい。

(13)

タバコは、いらいらを減らすどころか、増やしてしまう。

(14)

マイナスの感情は、開き直ることで克服できる。

(15)

喧嘩をした相手とは、できるだけ早く仲直りすること。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存