ストレスをためる人とためない人の違い part2

スポンサーリンク

(1)

ストレスをためる人は、仕事をするために休まない。
ストレスをためない人は、仕事をするために休む。

(2)

ストレスをためる人は、我慢で乗り切ろうとする。
ストレスをためない人は、協力で乗り切ろうとする。

(3)

生活のリズムが一定だから、ストレスも小さくなる。

(4)

おしゃべりな人は、ストレスをためにくい。

(5)

ルールを先に考えすぎると、挫折する。
しながらルールを覚えると、楽しくなる。

(6)

楽しさや面白さは、自分から積極的に見つけていく。

(7)

もつれた糸をほどくために、いったん休憩を入れる。

(8)

海外旅行で、自分をリセット。

(9)

流れが悪くなったとき、ストレスを感じ始める。

(10)

ストレスの多い人は「完全」を求める。
ストレスの少ない人は「適当」を求める。

(11)

ごちゃごちゃした部屋は、心もごちゃごちゃになる。
すっきりした部屋は、心もすっきりする。

(12)

負けると分かっている戦いには「逃げる」という選択が最適。

(13)

質より、量をこなせば、ストレスがなくなる。

(14)

競争に熱くなっても、自分のペースを崩すことだけはしないこと。

(15)

「調子に乗るな」を信じてはいけない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存