いらいらしない人になる方法

スポンサーリンク

(1)

いらいらするのは、余裕がないから。

(2)

いらいらしない人になるために「余裕のある生活」を心がけよう。

(3)

「ぎりぎり」に、快感を味わっていませんか。

(4)

「本番だ」と気合を入れすぎない。
「練習だ」と思えばいい。

(5)

価値観を捨てると、いらいらも消える。

(6)

いらいらすれば、紙に書いて、ごみ箱に捨てよう。

(7)

部屋の中で人とぶつかると、外で車とぶつかる。

(8)

失敗したら特徴に変えて、生かしてしまおう。

(9)

いつもより早めに家を出れば、気持ちも穏やかになる。

(10)

誰もあなたの心に傷をつけられない。
自分で傷をつけるだけ。

(11)

寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。

(12)

体を動かせば、いらいらもなくなる。

(13)

体を動かす機会、自分から捨てていませんか。

(14)

いらいらは、吐き出し方によって、非行にも成功にもなる。

(15)

「自分自分」と考えない。
「あなた、あなた」と考えよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存