幸福は思いやりの心から生じるもの。ダライ・ラマ14世の言葉

スポンサーリンク

(1)

どれほど崇高な目標があったとしても、極端な努力をしてしまうと、続かなくなります

(2)

苦しみがこの世にあることによって、私たちは喜びを感じることが出来るのです

(3)

私の哲学とは、「愛」なのです

(4)

もし人間の本性が憎しみや人を殺すことにあったのなら、人類はすでに滅亡しているはずです

(5)

睡眠は最高の瞑想である

(6)

人間は停滞してはならない。停滞は一種の死だからである

(7)

人類はある意味で地球の子供なのだ

(8)

真の幸せは心の平安と充足感から生まれるものであり、それは愛他主義、愛情と慈悲心を培い、そして怒り、自己本位、貪欲といったものを、次々と根絶してゆくことによって獲得できるものなのだ

(9)

大きくなるにつれて、愛情、友情、助けあいということに、あまり重きを置かなくなります。人種、宗教、国籍といったことが大切になってきます。もっとも大切なことを忘れ、どうでもいいことに重きを置くようになります

(10)

宗教は、人間社会にさらに分裂要素を生み出すことで、争いの種となってはならない

(11)

菩薩は“希い(ねがい)”に満ちている

(12)

怒り、いさかい、嫉妬、激しい競争によって友情は生まれるでしょうか。友をつくる最良の方法とは、非常に思いやりのある人間になることです。親愛の情だけが、真の親友をもたらします

(13)

思いやりがあれば、人生に起こる苦しみや問題は自分で解決できる

(14)

私たちの人生の目的は、幸せになることなのです

(15)

大きな人の流れも、一人の人が動くところから生まれます。もしもあなたが、自分には大したことはできないと思ってしまったら、隣にいる人も意気をそがれてしまい、大きなチャンスを逃すことになるでしょう。反対にわたしたち一人一人が利他的に動くことによって、ほかの人を力づけることができるでしょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存