48歳と言っても、私だって女です。北斗晶の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

乳癌になって…この数ヶ月、色々な事を考えました。生きる事も死ぬ事も…

(2)

生きること。こう言われた時に初めて、今の自分は命さえも危険な状態なんだと分かりました。そういう病気なんだと。それが癌なんだと…

(3)

どうしても、胸の全摘出を受け入れられずにいると…主治医から[胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう。]

(4)

これは当たり前だけど、女性なら40才だろうが50才だろうが60才だろうが、胸がなくなる事を直ぐに理解して即答できる人なんていないでしょう

(5)

直ぐには、主治医の先生に[分かりました!胸を全部取ってください。]とは言えませんでした

(6)

胸を全て取る事の恐怖。普通にあるのが当たり前だった胸が乳頭までも全てなくなる

(7)

ありとあらゆる方法を調べ、告知されたあの日から主治医と何度も話し相談し、毎日を過ごしてきました

(8)

なんとか温存療法で胸を残せないか?せめて乳頭だけでも残せないか?

(9)

私としても青天の霹靂でこの数ヶ月乳房を全摘出しなければならないという結果に心が付いて行けず…

(10)

この子が来て、もうすぐ1年時が経つのって早いね~花ちゃんのおかげで、ゲラゲラクスクス今まで以上に笑ってる我が家 ありがとう花ちゃん

(11)

横に並ぶな、前に並べ

(12)

私がこんなん好きだったらわりぃーかよ

(13)

ひまわり畑がスキ

(14)

役員を引き受けてくれた人に感謝をする気持ちを忘れないで欲しい

(15)

子どもたちにはその報告しなきゃいけない義務があるっていうのを、悪いことしてる子を見たら、いじめられてる子を見たら、もうそしたら報告をするっていうことだよね。それはチクりでもなんでもない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存