空気が読める人になる方法 part2

スポンサーリンク

(1)

食べきれない食事を食べろと強要すると、空気が悪くなる。

(2)

相手の表情には、無言のメッセージが含まれる。

(3)

アルコールが飲めないからとはいえ、拒否をしない。

(4)

ひそひそ話を、大声で話さない。

(5)

披露宴では、早めに到着すると、たくさんの得がある。

(6)

「早くして!」
せかしすぎると、余計に遅くなる。

(7)

携帯電話の魔法にかかってしまうと、周りが見えなくなってしまう。

(8)

はじめの一声があるかないかによって、空気が決まる。

(9)

自慢話をすると、空気が悪くなる。
失敗談を話すと、空気がよくなる。

(10)

オヤジはいつでもどこでもネクタイを緩める。

(11)

濡らした洗面台を、きれいにしてから出よう。

(12)

忙しくなればなるほど、空気が読めなくなる。

(13)

「尊敬=説教」と、勘違いをしない。

(14)

喫煙者に、もの申す!
タバコを吸わない人のこと、考えていますか。

(15)

モテる人は、お手伝いというプレゼントをする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存