まさにファビュラス!叶恭子の言葉

スポンサーリンク

(1)

大人であるということ、それは自分の中の子どもである部分に正面から向き合えるということです

(2)

美は1日にして成らず

(3)

自分自身の主張をできるようになるか、潔く奴隷に成り下がるかです。そういう覚悟を持って生きることも一つの生き方

(4)

他人のせいにばかりしていくことは、結局、ご自身の人生を台無しに行くことになると思います

(5)

心身ともにぼろぼろになった時だけに、とりあえず戻る便利な女性」という相手を2〜3人くらい決めている男性は、結構いらっしゃいますね

(6)

明日死んでも後悔しないような生き方をしなさい

(7)

自分自身を知った上でで幸せを追及し、幸せを見い出して、幸せに生きるということがいかに大切であるか。生きるということはそういうことだと思うのです

(8)

わたしは、今携わっている「トータルライフアドバイザー」というお仕事を通して、「いかに人生を幸せに生きるか」というテーマをみなさんと分かち合っていきたいと思います

(9)

男性はペルシャ絨毯のようなもの

(10)

これ以上にうれしいプレゼントはございません。中身は、土地や不動産の権利書や、株券などの有価証券

(11)

「ルックス」「資産状況」「無償の愛」。このなかの、ふたつ以上に当てはまることが、愛すべき男性の最低条件です

(12)

男性と女性が出会い、お互いを欲する。そうすると、人は体を受け入れます。その時肉体の快感だけでなく、愛情の伴うもの、精神的なつながりを伴うものがメイクラブです

(13)

人様のことをとやかく言うことは、もっとも嫌いです

(14)

”全身が顔” なのです

(15)

みずからの失敗から、嵐のような混乱を招いてしまい、その混乱の前で、絶望に打ちのめされた思いで、ただ立ちつくすしかない日もあります。そのような日は、次の新しい朝が来ることが心の底から恐ろしいものですが、本当は、朝が来ることそのものが「希望」でもあるのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存