まさにファビュラス!叶恭子の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

日々、同じメイクを繰り返すこと、それは私にとっては、美の怠慢なのです

(2)

何があなたにハピネスをもたらすのかは、あなたにしかわからないもの。幸せは、自分の中にあって探すことや他に求めることではありません

(3)

すこしでもさまざまなストレスを軽くできる習慣を創り上げていくことが、幸福を日常的に感じる人生の基盤となり、幸運を自分自身の手でつかみとる鍵となることでしょう

(4)

わたくしの人生にとって何より大切なことは、ほかの誰でもない、わたくし自身がハッピーであると感じられることです。恋愛においては特に、もっともそのことが問われます

(5)

一人になりたくがない為にお互いを必要とするのは、とても不自然な関係です。何事も心地よくシェアできない方とのコミュニケーションは、不毛なだけだからです。そのような関係は世の中にあふれていますが、無理をして一緒にすごす人を見つけなくてはと、必死になって自分をないがしろにせず「自分にしてあげれること」を冷静に考えてみましょう

(6)

私はLOVEという力を、いつも感じています

(7)

恋人って何? ”ここからここまでが恋人” なんて、誰が決めるの

(8)

女性はどなたでもキレイの種を持っています。そしてすべての女性に、それを開花させるチャンスがあるのです

(9)

どんな時だってパッションは止められません。常に最優先します

(10)

固定観念があるところにはアートは生まれないのです

(11)

わたくしの知る限り、成功者はみんな孤独です

(12)

結婚は契約。それがよいのなら、当然するでしょう

(13)

意味があるのはただひとつ、自分で選ぶというシンプルなこと

(14)

愛においては、わたくしは自分の気持ちに素直に行動します。同時に、「これは『愛』であるかどうか」を深く考え、冷静に見極めてもいます

(15)

ヌードの世界に驚く人は、服を着なければならないと、思い込んでいるのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存