人間関係で注意したい余計な一言

スポンサーリンク

(1)

会話の雰囲気が悪くなったとき、自分の言葉遣いを振り返ってみる。

(2)

「よく言われます」を言いそうになったら、初めて言われたかのようなリアクションを取る。

(3)

すでに知っていることでも「そうだよ」ではなく「そうですよね」「なるほど」と言う。

(4)

癖を直さない人にありがちな言い訳。
「誰にも迷惑をかけていない」。

(5)

自分の気持ちを正確に伝えるのは難しい。
あなたがそうであるように、相手もそう。

(6)

コンプレックスや弱点を刺激する呼び方は、控えたほうが賢明。

(7)

「そんなふうに見えない」という一言が、相手を傷つけることもある。

(8)

頑張っている人には「頑張ってね」より「無理しないでね」。

(9)

「面倒くさい」という一言は、思考を停止させる言葉。

(10)

「どうでもいい」という一言は、会話を途切れさせる言葉。

(11)

「いろいろあったんです」という一言は、会話が途切れる言葉。

(12)

いら立ったときこそ、落ち着いて、大人の対応を心がける。

(13)

「痩せなさい」ではなく「健康を大切にしてね」と助言する。

(14)

「こうなると思っていた」は、後出しのじゃんけんと同じ。
周りをあきれさせる言葉。

(15)

「ありがとうございます」と言われたときは「こちらこそありがとうございます」と言う。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存