人間関係で気をつける言葉遣い(2)

スポンサーリンク

(1)

「手伝いましょうか」と聞く暇があるなら、手伝い始める。

(2)

迷惑な行為であっても「迷惑」とは言わず、相手に配慮した表現を使う。

(3)

以前に話したことを聞かれたら「前にも言ったよね」と言わず、もう一度話す。

(4)

「嫌いな人」を「苦手な人」と言い換えるだけで、人間関係はよくなる。

(5)

気が変わったときは勇気をもって、「やっぱりやめます」と言う。

(6)

「幸せか」と聞かれたときは反射的に、「私は幸せ」と答える。

(7)

「ニックネームで呼んでいい」と言われたら、すぐ呼び始めるのがマナー。

(8)

自分に1パーセントでも非があれば「自分も悪かった」と謝る。

(9)

「人生はそんなに甘くない」というくらいなら、自分の具体的経験を話す。

(10)

「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。

(11)

「興味がない」を「教えてほしい」に言い換える。

(12)

怒りは、親切な苦情として、表現する。

(13)

会話中、触れてほしくないそぶりに気づけば、そっとしておく。

(14)

ひどいことを言ってしまいそうなら、黙っておくほうがいい。

(15)

「あなたが嫌い」と言われたときは「あなたは私が嫌いでも、私はあなたが好き」と言い返す。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存