会話をもっと豊かにする方法(2)

スポンサーリンク

(1)

「どうしたの?」より「何かいいことがあったの」という聴き方にする。

(2)

弱点を突かれたら、にっこりして受け流す。

(3)

言葉とは、包丁のようなもの。
喜ばせることもできるが、傷つけることもできる。

(4)

「言いすぎた」と考えられる人は、必ず言葉遣いがうまくなる。

(5)

話の先が予想できても、話を遮らない。

(6)

出会う人すべてに「縁を感じます」と言う。

(7)

いい話だから、メモをするのではない。
メモをするから、いい話が聞ける。

(8)

「楽しい話をしなければいけない」と考える必要はない。
よい印象は、平凡な会話で十分伝わる。

(9)

いらいらしているときは、無理に会話をしない。

(10)

「お忙しいところ失礼します」は、話しかけるときの決まり文句。

(11)

「今日は何の日」と聞かれたら「今日は、これからの人生の最初の日」と答える。

(12)

楽しませてもらうより、楽しませるほうが、楽しい。

(13)

デリケートな話題で返事に困ったときは、相槌を打つ。

(14)

価値観の違う人がいないと、見識は広くならない。

(15)

「くだらない」と言わないほうがいい。
くだらない人間と思われるから。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存