言葉遣いがうまくなるマナー(2)

スポンサーリンク

(1)

疑う言葉が口癖になっていると、人間関係で損をする。

(2)

命令のアドバイスは、嫌われる。
提案のアドバイスが、愛される。

(3)

自慢話をたっぷり聞くと、人付き合いの運が向上する。

(4)

どうしても話が長くなるときは「話が長くなってもいいですか」と一度確認する。

(5)

難しく話で返事に困ったときは「難しいことを知っているね」で、さりげなく相手を褒める。

(6)

興味をそそる前置きをすると、楽しく話を聞いてもらえるようになる。

(7)

1回目のお礼は、社交辞令。
2回目からが、本当のお礼。

(8)

名前を紹介されたときは「いいお名前ですね」と答える。

(9)

会話で勝とうとする人は、相手から嫌がられる。

(10)

名前を聞かれたときは、名字だけなく、フルネームで答える。

(11)

気の利いた言葉を考えないほうが、気の利いた言葉が出る。

(12)

故事・ことわざ・四字熟語を会話に含めるなら、分かりやすく自分の言葉で言い換える。

(13)

無意識のうちに「調子が悪い」という答え方をしていませんか。

(14)

「聞かせてもらう態度」があれば、言葉遣いは自然とよくなる。

(15)

ぼけっと口を開けたまま聞いているだけでは、耳から入った話が、口から抜けていく。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存