雑談が上手な人と下手な人の違い

スポンサーリンク

(1)

雑談が下手な人は、会話がドッジボール。
雑談が上手な人は、会話がキャッチボール。

(2)

雑談が下手な人は、1回の話が長く、テンポも悪い。
雑談が上手な人は、1回の話が短く、テンポがよい。

(3)

雑談が下手な人は、会話中、無表情になっている。
雑談が上手な人は、会話中、にこにこしている。

(4)

雑談が下手な人は「盛り上げるには面白い一言が必要」と思っている。
雑談が上手な人は「面白い一言がなくても盛り上げることは可能」と思っている。

(5)

雑談が下手な人は、まず否定する癖がある。
雑談が上手な人は、まず肯定する習慣がある。

(6)

雑談が下手な人は、暗い話を暗く話す。
雑談が上手な人は、暗い話でも明るく話す。

(7)

雑談が下手な人は、つまらない冗談に白ける。
雑談が上手な人は、つまらない冗談でも大笑いする。

(8)

雑談が下手な人は、人づての話が多い。
雑談が上手な人は、実体験の話が多い。

(9)

雑談が下手な人は、声の大きさに無頓着。
雑談が上手な人は、状況に応じて調整する。

(10)

雑談が下手な人は、本音が少なく、建前が多い。
雑談が上手な人は、建前が少なく、本音が多い。

(11)

雑談が下手な人は、偉そうで威張った話し方。
雑談が上手な人は、謙虚で優しい話し方。

(12)

雑談が下手な人は、返事が思いつくまで黙る。
雑談が上手な人は、ひとまずすぐ返事をする。

(13)

雑談が下手な人は、少しでも気になる点があれば、話を止める。
雑談が上手な人は、少々気になる点があっても、話を止めない。

(14)

雑談が下手な人は、手遊びや貧乏揺すりが多い。
雑談が上手な人は、相槌やボディーランゲージが多い。

(15)

雑談が下手な人は、とにかく言葉で伝えようとする。
雑談が上手な人は、あらゆる表現で伝えようとする。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存