私はステージ上でのみ生きている。レディーガガの言葉

スポンサーリンク

(1)

女性には、男を追う女性と、夢を追う女性がいます。男か夢、どちらを追おうと迷っているなら、覚えててちょうだい。キャリアはある朝 突然「お前なんかもう愛していない」なんて言わないわ。

(2)

私にはいつだってビジョンがあるの。曲を書くときはいつも、どんな衣装を着て、どんな風に動いて、どんな歌い方をしようかって考えてるし、そのアイデアを曲にからめながら書いてる。だから単純に「歌」とは呼べないのよ。私はステージで棒立ちになって歌うわけじゃないから

(3)

私たちの世代は新たな時代への心構えができています。だから私たちを取り巻く世の中もそうであってほしい。それは社会であり政治であり音楽・科学技術であり、すべてです

(4)

私は今ここ、ステージの上に住んでいる。家なんて持ってない。そういうことにお金は使わないの。スーツケース1個で生きて、音楽とアートを創っている

(5)

はっきり言って私は男が苦手よ。今まで本気で好きになった男はひとりしかいない。彼は私がこの仕事をするのを嫌がった。だから別れた。心は傷ついたけど、おかげで自分が一番愛しているのは音楽だということに気づけた

(6)

自分が尊敬する人間の意見だけうを聞いてね。尊敬できない人間の意見は、あなたに対することだろうとなんだろうと無視するのよ

(7)

自分に対する否定的な心を捨てるのよ。自分自身ではなく自分を怖気づかせる原因を作った人たちを否定するの

(8)

何かにつまずいて暗闇のどん底に落ちても、才能は消えないわ。ただ、見つかりにくくなるだけ。落ち込んだ時に、暗闇の中の小さな光を探すのよ

(9)

私はファッションに生き、ファッションを呼吸する

(10)

愛とはレンガのようなもの。それで家を建てることもできるし、死体を水に沈めることもできる

(11)

あなたは、唯一無二で、人と違って、あなたの進む道で輝いていなければいけません

(12)

憎しみや批判は無視するの。自分が信じるもののために生きて、死ぬまでそれを守り抜くのよ

(13)

自分自身を愛していなければ、結局幸せにはなれないのよ

(14)

自分らしくあるために、そして自分の夢のために戦ってきた

(15)

今の自分になるために多くの努力をしてきた
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存