会話が上手な人と下手な人の違い

スポンサーリンク

(1)

会話が下手な人は、自分がしたい話をする。
会話が上手な人は、相手が聞きたい話をする。

(2)

会話が下手な人は「楽しい会話になればいいな」と冷めている。
会話が上手な人は「楽しい会話をしよう」と意気込んでいる。

(3)

会話が下手な人は、話し方が抽象的。
会話が上手な人は、話し方が具体的。

(4)

会話が下手な人は、すべてを語ろうとして話が長くなる。
会話が上手な人は、簡潔に分かりやすくまとめる。

(5)

会話が下手な人は、前置きが長い。
会話が上手な人は、前置きが適度。

(6)

会話が下手な人は、長くなる話を、急に話し始める。
会話が上手な人は、長くなる話の前に、断りを入れる。

(7)

会話が下手な人は、顔と体が相手からそらしがちになっている。
会話が上手な人は、顔と体が相手のほうを向いている。

(8)

会話が下手な人は、愚痴・悪口・不平不満のオンパレード。
会話が上手な人は、感謝・尊敬・褒め言葉のオンパレード。

(9)

会話が下手な人は、勝ち負けや優劣への意識が強い。
会話が上手な人は、平等や公平への意識が強い。

(10)

会話が下手な人は、笑いの基準が高く、なかなか笑わない。
会話が上手な人は、笑いの基準が低く、小さなことにもよく笑う。

(11)

会話が下手な人は、相手のプライバシーにずけずけつけ込む。
会話が上手な人は、相手が話すまで自然に待つ。

(12)

会話が下手な人は、言いにくいことでもストレートに言ってしまう。
会話が上手な人は、言いにくいことはオブラートに包んだ言い方をする。

(13)

会話が下手な人は、ボディーランゲージがない。
会話が上手な人は、ボディーランゲージを交えて話す。

(14)

会話が下手な人は、相槌がない。
会話が上手な人は、気持ちのよい相槌がある。

(15)

会話が下手な人は、いつも声の大きさが一定。
会話が上手な人は、状況に応じて声の大きさを調整する。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存