会話が上手な人と下手な人の違い(2)

スポンサーリンク

(1)

会話が下手な人は、断りもなく、急に話の流れを変える。
会話が上手な人は、できるだけ話の流れに沿って話を進める。

(2)

会話が下手な人は、格言やことわざを使って話すことが多い。
会話が上手な人は、自分の言葉で話そうとする。

(3)

会話が下手な人は、知識をひけらかそうと、難しい言葉を使う。
会話が上手な人は、相手に理解してもらおうと、簡単な言葉を使う。

(4)

会話が下手な人は、話にセリフが登場しない。
会話が上手な人は、話に具体的なセリフが入っている。

(5)

会話が下手な人は、信じられない話をすぐ否定する。
会話が上手な人は、信じられない話でもひとまず合わせる。

(6)

会話が下手な人は、沈黙を恐れ、避けようとする。
会話が上手な人は、沈黙を受け入れ、楽しもうとする。

(7)

会話が下手な人は、共通点に無頓着。
会話が上手な人は、共通点を意識しながら話している。

(8)

会話が下手な人は、立場をわきまえず、軽率に発言する。
会話が上手な人は、立場をわきまえて、慎重に発言する。

(9)

会話が下手な人は、相手が話している途中で話し始める。
会話が上手な人は、相手の話を聞き終えてから話し始める。

(10)

会話が下手な人は、余計な言い換えをする。
会話が上手な人は、相手の言葉をそのまま使う。

(11)

会話が下手な人は、食事中に配慮が足りず、不適切な話題を話してしまう。
会話が上手な人は、食事中の話題に十分注意する。

(12)

会話が下手な人は、話を途中で変更せず、最後まで話しきる。
会話が上手な人は、相手の様子に応じて、流れを変える。

(13)

会話が下手な人は、興味関心のない話に退屈するだけ。
会話が上手な人は、学びや成長を見いだして吸収する。

(14)

会話が下手な人は、話を聞いた瞬間に忘れる。
会話が上手な人は、話の内容を覚えようと努めている。

(15)

会話が下手な人は、最後の一言がない、もしくは味気ない。
会話が上手な人は、最後に感謝と感動を表現する一言がある。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存