上手に分かりやすく説明する方法

スポンサーリンク

(1)

本当に伝えたいメッセージほど、言葉を短くする。

(2)

大切なことから話し始める。
足りなければ、後から付け加えればいい。

(3)

鉛筆はやめて、ボールペンを使って、文字を書く。

(4)

小さな声で発言しない。
大きな声で発言する。

(5)

読書のときには、大切なところを線引きしながら読む。

(6)

本とは、1パーセントのキーワードと、99パーセントの補足説明。

(7)

「箇条書き」を使えば、分かりやすい説明になる。

(8)

長い説明の前には、ポイントの数を宣言しよう。

(9)

「ですます口調」で言い切ると、分かりやすくなる。

(10)

日記は短いほうが、説明もうまくなる。

(11)

社会人になると日記を書く暇すらない。
学生時代こそ、日記を書くチャンス。

(12)

結論から話をすると、説明が分かりやすくなる。

(13)

じらさない。
回りくどい話をしない。

(14)

否定した説明は、分かりにくい。
肯定した説明が、分かりやすい。

(15)

「してはいけない」で説明すると元気がなくなる。
「しよう」で説明すると、元気が出てくる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存